たたみ方

春ですねぇ。桜吹雪が綺麗です。

という訳で冬物のセーターを少しずつ洗ってしまわなくてはなりません。

b0218775_23201386.jpg


不思議な形のセーターでしょ。頭を出すところは左側です。袖の長さも位置も左右で違うし・・・。でも 着ると見た目ほどは不思議ではないですよ。前身頃にドレープが出来るデザインです。

作者はニット作家の田中真美子さん。植物で染めた糸でオリジナルデザインのユニークなセーターを作る方です。因みに(写真がまたまた変ですが)このセーターはパセリで染めた糸です。
私はこの方の大ファン。冬のセーターはこの方のしか持ってないかも・・・・くらい好きです。

しかし、ファンの私も 真美子さんのニットは立体的なのが多いし、袖が4本もついてるのもあるし・・・ 最初なれない時は、どの様にたたんだら皺にならなくてコンパクトに出来るか苦労しました。
でも真美子さんセーターに出会って10年。近頃は「おたたみマエストロ」と呼んで欲しいくらい上手くなりました。

この たたみ方は真美子さん直伝ですぞ。

b0218775_23281242.jpg


b0218775_2329147.jpg


これをもう一回 中央で折るか、くるくると端から丸めて完成です。



お知らせ 
ラオスの布 谷由起子さんの展覧会


「ラオス 谷 由起子の仕事。0からのものづくり」  
  4月7日(土)~15日(日) 
  於・うつわ菜の花 →クリック 

「ゼロからの服」展  
  4月20日(金)29日(日)
  於・fu di ki →クリック
 
 
[PR]

by gallery-izumi | 2012-04-12 23:44 | テキスタイル