更紗の風が吹いています

偶然かなぁ。先日から私の手元に更紗関係の便りがたくさん届いています。
更紗の風が吹いてるに違いないわ~。

まず手にしたこの本。
b0218775_12322349.jpg


南青山・骨董通りの「古民芸 もりた」さんで お仕覆つくりにいい布はないかしら・・・とあれこれ見せていただいてたら、カウンター上のこの本に目がいきました。
中身はこんなのです。
b0218775_12381280.jpg


どのページも紬や上布などの着物生地に合わせて、更紗や刺繍などの珍しい帯、主張しつつも決して邪魔はしない帯揚げ、そしてキリッと全体を引き締めている帯締めの コーディネイトが紹介されています。
著者は、「樋口可南子さんのきものまわり」という著書がある 清野恵里子(セイノエリコ)さん。
「古民芸もりた」の森田さんご夫妻がコレクションされた貴重な古布がこの本にはたくさん紹介されています。
着物も更紗も大好きで、見よう見真似で着物のコーディネイトを考える私にはバイブル~と飛びつきました。

その「古民芸もりた」さんではもうすぐ「印度更紗展」を開催されます。 
楽しみ~。

「古民芸もりた」印度更紗展  於 南青山 古民芸もりた 
 6月8日(金)~10日(日) 9時30分~17時


インドネシア チモール島東ババル島に伝来したインド茜の無地・トラジャに伝来した鬼手更紗・シャム更紗に似通うセイロン渡りの更紗・・・・などなど



そして偶然 同じ6月8日から銀座の石川画廊で、上野恭子さんの展覧会がスタートします。
上野さんはアンティックショップのオーナーとして、私達が見たこともないような古渡り更紗やアフリカの藁ビロード、フランスの織物などを集められた方です。現在はそういうお宝布を生かして帯やバッグを作る作家さんとしてご活躍です。
私の宝物の一つ 古渡り更紗の帯は上野さんの作。
ギャラリー泉でも2回 展覧会をしていただきました。

 上野恭子 遊布展 XII 於 石川画廊 銀座7丁目7番8号 

  6月8日(金)~14日(木)
  平日10時30分~18時
  土日11時~17時 
  最終日は17時まで


忙しいわ~。6月8日。


それから、それから・・・・もう一つ

 あじあんこれくしょん さやん が「アジアの手仕事・さやん」展を開催されます。こちらは6月3日から・・・・

 詳しくはこちらをクリック→さやんさんのブログ

現地に長くお住まいだったNさんが、タイやバリの工房で日本の更紗好きのために
一から洋服やバッグの作品を製作・販売されているのが「さやん」さんです。

全てご自身でなさっているので 何より求めやすい値段、なのに高い質です。
古渡り更紗は敷居が高いという方や日々気楽に更紗を身につけたい方、更紗入門の方にもぴったり!


そして最後に・・・・

ヨーガンレール 「100枚のバティックサロン展」
デザイナー・ヨーガンレールさんのジャワ更紗コレクション から 展示、販売をされるそうです。
6月14日から・・・
詳しくはこちらをクリック→ヨーガンレール


ホンマ忙しいわ~。6月!!!
[PR]

by gallery-izumi | 2012-06-02 13:38 | テキスタイル