ご飯の茶碗

9月も半ばを過ぎたのに、いったいどうなってるの?と思うほど暑いです。
それにここ数日、東京ではドシャブリの通り雨が降ったりもしています。
雷もなったり・・・そうと思えば虹が出たり・・・。
とにかくおかしな気候ですね。

さてさて、空の景色模様のお茶碗を持っています。
b0218775_1120548.jpg

ゲジゲジみたいに見えるのは雷、左のは稲妻かな。
作者は宮岡麻衣子さん。古伊万里のような作風で「古い蔵から見つけてきました」というような感じがします。

一般的な磁器の器というと、私は、硬的で冷たいイメージを持っているのですが、宮岡さんのは釉薬が真っ白でない上、自然に垂れてて そのイメージを覆す作品が多いです。

私の知ってる宮岡さんの手は、冬はいつもしもやけで赤くなってたな・・・。
でも凄くガッツがある彼女。細い身体のどこにそんなにパワーが潜んでいるのかと思うくらいに頑張って作品を作っている方です。

またどこかで宮岡さんの新しい作品を拝見したいな・・・と思っています。
[PR]

by gallery-izumi | 2012-09-18 11:39 | 陶器