みずひき草 と ほととぎす

b0218775_10531425.jpg


我が家での今年最後の 半分枯れかけたみずひき草+白いほとととぎす。

みずひき草は庭からとってきたもの、ホトトギスは青年部の行事で鉢に寄植えしたものです。(5月25日・7月12日のブログにも記しました)やっと何とか咲いてくれましたが、葉っぱに元気がありません。

高さ15センチほどの焼き締めの花器は、なんと母が30年以上の前に趣味で造った物です。

話がちょっと飛ぶけど、昔 英会話のレッスンでアメリカ人の先生に「侘びさびって何?」と質問されました。

まだ30歳代前半の私。歴史的な事も詳しくないし、茶道も習ってなかったし・・・。
いきなりの難しい質問に英語で答えなくてはならず、頭が真っ白になったのを覚えています。
とっさに持ち前のいい加減精神?で「花が枯れていくことを美しいと思う気持ち」と答えてしまいました。

先生は複数の生徒さんに同じ質問をされたそうですが、私の答えが「一番 単純でわかり易かった」と後日 おっしゃって下さいました。
「あら?もしかして褒められた?」うれし~。という訳で今でもバッチリと覚えている出来事です。(長生きできる性格)

さて、あれからン十年。「侘び・さびって何?」と 今 問われたら・・・・?
モチロン それだけでは完全とは全く言えないですが、「花が枯れていくことを美しいと思う気持ち」というのは そう大きく外れてない答えではないかと この花を見て思ったのでした。
[PR]

by gallery-izumi | 2012-11-12 11:45 | 植物