見てるだけの訪問着

数年前に母から譲り受けた 絽の訪問着。
b0218775_21143545.jpg


色は抑え気味だけれど ご覧の通り サンゴと熱帯魚がモチーフでとても個性的だ。
魚は一匹ずつ模様が描きこんであるし、気泡のようにも見える細かい点々など、微細な模様は手が込んでいて美しい。写真にうまく写ってないのが残念!!
技法はろうけつ染めで、作者は母と長い間おつきあいのある染色作家のこくたせいこさん。

この着物に合わせて母は波の模様の白い袋帯も一緒にくれたので、コーディネイトはバッチリなのだが・・・華やか過ぎて、着ていくところがなーーーい。。。

仕付け糸がついたまま譲り受けたので、母も一回も着ていないはずだ。
ああ、勿体無い。

夏物だから正式には7月と8月しか着れない。
これだけ暑いんだから9月上旬もおまけしてもらうとしても・・・・
今年この着物でお出かけできるのは後2~3週間が限界だろう。

着たいなぁ。どこか着ていくところないかしら?
誰かパーティに呼んで~~~。
[PR]

by gallery-izumi | 2013-08-23 21:41 | テキスタイル