お仕覆9号完成 おまけ付き

お仕覆9号が完成しました。
b0218775_1402334.jpg


裂地は「花文入 船越間道」

伊予の守 船越五郎衛門 さんが好んだ縞模様だから 船越間道。
そこに小さな花模様が加えられてるので花文入り なんだって。

中身のお茶入れは高価な物ではないけれど、故郷 奈良の赤膚焼きなので気に入って大切にしている物です。
なので、このお茶入れにせっせとお仕覆を作っている訳です。

一つのお茶入に着せ替えのお仕覆を作ると、必要になってくるのが中詰。
という訳で、中詰も作りましたよ~。
b0218775_1411418.jpg


中詰 意外と手間がかかりましたが、これでお仕覆の型崩れを防げます。

今度はどんなのを作ろうかなぁ。
[PR]

by gallery-izumi | 2013-11-10 14:13 | お茶