カテゴリ:いろいろ( 14 )

今年も宜しくお願いします。

2014年になりました。
このところ いつも書き出しは、時間の経つのがはやいわ~的な事ばかり・・・

性格からか常に慌ただしい私なのですが、皆様 今年もどうぞ宜しくお願いします。

新年は、干支に因んだものでスタートしたいと思います。
b0218775_1356365.jpg

やはり今年も父のてっせん彫「福午」です。

父は今年の夏 83歳になります。父が83歳だなんて信じられません。
私の中では父はずっと50代くらいで、車に絵と彫刻を積んで 日本中を忙しく展覧会してまわっていた その頃のまま・・・です。
80歳を過ぎてもとても元気ですが、てっせん彫は想像以上に筋力がいる作業らしくて、最近は少し削ってもすぐに腕が痛くなるので、新たに作ることはしていません。お正月は、いえ お正月も? テレビを見て大好物のお餅を食べてゴロゴロしてるかな?このごろかなり太り気味です。

b0218775_1474435.jpg

さて次は、上総の芝原人形(しばら人形)
江戸時代に京都・伏見稲荷周辺でつくられはじめた土人形が全国に広まったそうで、この芝原人形もその一つだそうです。でも近頃はどこの土人形も後継者がいなくて、無くなりつつあるらしいです。
実家の近くの出雲人形を作ってられるおばあちゃんも同じようなことを言ってらっしゃいました。
素朴でいいなぁ・・・と思います。なくならないで欲しいなぁ。

b0218775_14161025.jpg

最後は私が作った(正確には私は簡単なところだけ、後は先生作)の古帛紗です。
お裂地は「馬蹄つなぎ 八宝相天馬紋 紹巴 緞子」
長い名前だけど万国的に幸福をもたらすといわれている馬蹄の中に8つの宝物と天を駆ける馬がデザインされてる と~~~ってもおめでたい柄です。

お馬さんのように元気に駆ける一年にしたいと気持ちは前向きです。
[PR]

by gallery-izumi | 2014-01-06 14:28 | いろいろ

お習字の展覧会

もうそろそろ一年になりますが、お習字のお稽古に行ってます。

何の為に? 
お茶の席では筆を使うことが割とあるからです。

例えば 茶飯釜の茶事。茶室のお釜でご飯を炊きながらする茶事です。ご飯が炊けるまでの間、俳句や短歌を短冊にしたためる訳です。
オホホホッ~なんて優雅~。って、そんな事言ってる余裕なんかなーーーいッ!!!
一応 あらかじめ 短歌やら俳句やら考えていくのですが、その日の天候と合わなかったりして、即興でひねり出さなくてはならなかったりして・・・・・
しかも指を折って字数を数えたりできないし・・・・・やっと出てきた歌を毛筆で書くんですよ。焦る×100倍だ~。

茶飯釜 以外にも茶歌舞伎やら、茶事の招待状、お礼状・・・

ま、さまざまな苦い経験がいっぱいで「お習字は必須だわ。」と思った次第です。

私はわがまま言って仮名文字ばかりを練習させていただいてます。
変体仮名に慣れるとお軸を読む時にも助かりますしね。

という訳で お習字教室の秋の展示会があります。
私のも数点出品される予定です。恥ずかしいけど・・・・・
b0218775_2250555.jpg

写真はお習字の 服部龍太郎先生 の作品で、今回の展覧会の案内状です。

偶然 出会った服部先生 とても物静かな優しい先生です。モチロン先生は楷書やら隷書やら様々な書体を書かれますが、私は先生のこの案内状のような作品がとても好きです。

もしご興味のある方でお近くの方いらっしゃったらご覧下されば嬉しいです。

服部龍太郎 書道教室 作品展
10月5日(土曜)~7日(月曜)
11時から19時 最終日は15時まで

於 ギャラリーSpace KOH
西東京市 柳沢6-1-11 秋桜マンション103 西武柳沢駅 南口徒歩1分

問い合わせ 090-2902-6114 

服部龍太郎書道教室HP  
www.shotaisei.com/‎
[PR]

by gallery-izumi | 2013-10-01 23:12 | いろいろ

若冲の展覧会に行ってきました。

b0218775_14114149.jpg

有名な日本画コレクター、ジョープライスさんが「震災復興の為に・・・・」とコレクションを貸し出して下さり実現した展覧会・東日本大震災復興支援「若冲が来てくれました」展を観に 仙台に行ってきました。

テレビで鳥獣花木図屏風を見てからずっと「いつか本物を観てみたい!!」と憧れていたので、東北三都市(仙台・福島・岩手)で展覧会があると知った時、即 特別鑑賞プランというのを申し込みました。ペアで¥7000なり~。
博物館の休館日にランチ付きで100名限定で4時間 鑑賞できるという初めての企画だそうです。

事前の簡単な説明会で ジョープライスさんと奥様の悦子さんのサイン会もあると伺いびっくり!!
うれし~。
b0218775_14145725.jpg

ジャーン。どうよッ、自慢(笑)
サインはもちろん 写真まで撮って、握手もして下さいました。うれし~~。

展覧会では若冲を中心に、丸山応挙、名前だけしか知らなかった長沢芦雪、全然知らなかった鈴木守一(すずきしゅいつ)、鈴木其一(すずききいつ)、葛蛇玉(かつじゃぎょく)他にもたくさん・・・の作品が並んでいました。
中でも 葛蛇玉は全く無名だったのに、プライスさんが作品を求めたことをきっかけに日本での評価が高くなったそうです。
有名だからという理由で買うのではなく、自分が美しいと思うかどうか を基準に選ぶというプライスさん、偉い、凄い!!流石! 簡単なようでなかなか出来ないっ。

茶道の世界では 道具を選ぶ時 名前が有名だから・・・と高いお金を出す人が多いですが、「プライスさんを見習いたい。自分の美意識を信じて物を選びたい。」と強く思った私でした。

それから、この展覧会には「多くの子供達に作品を見て欲しい」というプライスご夫妻の希望で、作品展示にも親しみ易い工夫がありました。例えば会場が「動物の絵」「美人画」「数で勝負」他・・・に分かれていたり、所どころにクイズがあったり。
説明文や作者の漢字にも読み仮名がふられていたのは大人も喜ぶ配慮です。
これなら日本画に親しみの薄い方も 楽しんで観れると思います。

b0218775_1559053.jpg
b0218775_15593539.jpg







長沢芦雪 
白いゾウと黒いウシ
大きな屏風です。







さてさて、目玉の「伊藤若冲 鳥獣花木図屏風」ですが、ガラスケースに入れらることもなく、20センチほどの高さの台に置かれていました。手をのばせば届く距離です。
近くでじっくり、そして引いて全体をまたじっくり 堪能できました。

特別鑑賞プランには図録もついていたし、ランチも豪華で美味しかったし、サインも貰えて、握手や写真も撮らせていただけたし、学芸員さんの説明もあったし、なによりゆっくりと観れたし、大・大・大満足!!こんな企画があったらまた参加したい!

みなさん、素晴らしい展覧会ですよ。是非!是非!お出かけくださいね。

「若冲が来てくれました」で検索!!!

震災から既に2年。私が今 出来ることは、東北の品物を買ったり、東北に出かけて行ってそこで何か少しでも買い物をしてくることくらいでしょうか。たいした事に全然なってないのはわかってるけど、それでもずっと細々とでも続けていきたいです。


ちょこっと追伸  特別鑑賞プラン100名の中に 最近注目の俳優A.Iさんがいらっしゃいました。一般の方と同じように参加されていたみたいです。背は高いし、イケメンだし、静かなオーラが出てるし、やっぱり目立っておられました。
「いい感じの俳優さんだな~」と前から思ってたのもあって、これをきっかけにファンになってしまいました。これから応援したいです。

あ~仙台へ行ってよかった。
[PR]

by gallery-izumi | 2013-03-21 16:10 | いろいろ

終に・・・iPhone購入

終に終に・・・・きっと使いこなせないからとためらっていたけどiPhoneを買った。

とりあえず驚いてるのはカメラ機能。画像が今までのとは比べ物にならにほど綺麗だ。
何でもかんでも撮りたくなっちゃうよ。

b0218775_16445649.jpg
実家の猫のポンチャン
お昼寝中
ポンチャンは、最近 萬理の色絵のモデルとして活躍中・・・?らしい。




b0218775_1648247.jpg



20年くらい前に京都のマロニエというギャラリーで衝動買いした酒盃。
誰の作か意識せず購入したけど 最近 川口淳さんという方の作品だと判明した。
クリスマスにもぴったり。だと思いませんか?

b0218775_1654160.jpg


吉祥寺 3D-238 というお店のウインドウ。
オーナーが豚さん好きで、店内豚さんだらけ。
でも豚さんを売ってるわけじゃないよ。着物から洋服を作るお店です。
私もファンの一人。HPもあるし・・相変わらずリンクできないから検索お願いします。
兎に角、不思議で面白いお店だから。覗いてみてね。
[PR]

by gallery-izumi | 2012-12-16 17:05 | いろいろ

ご馳走様でした。

器スタジオTRY  森岡成好さんの個展の初日、会場でギャラリー泉の時のお客様・S君とばったり再会しました。

S君は、ギャラリー泉に初めて来てくださった時 ニコリと笑いながら「(神奈川の)藤沢から(国立まで)自転車で来ました。」とおっしゃったので、いっぺんで覚えてしまったお客様。
可愛い奥様のNちゃんが、森岡由利子さんの丸い碗を気に入って求めて下さったのもよく覚えています。だってNちゃんが選んだ器は、飾り気のない素朴さがNちゃんの雰囲気にぴったりだったから・・・。
お二人は萬理の器も気に入ってくださって 私がギャラリーをやめてからも、鎌倉や東京での萬理の個展に来て下さっていました。
「Sさん、来てくれはったでぇ」と萬理から聞く度に「元気にしてはるんや」と思ってはいましたが、お目にかかることはありませんでした。

だから 今回は、とても嬉しい再会です!!

そのS君ご夫妻が 先日 我が家に遊びに来て下さいました。
b0218775_2226476.jpg

じゃーん。何とS君が焼いたスコーン。お土産に頂きました。
ラッピングはNちゃんが・・・庭にあった唐辛子だそうです。

お店で売ってるみたい。凄い!!

で、早速 次の日の朝食は、
b0218775_22432684.jpg

スコーンは言われた通り、少し温めていただきました。萬理の刷毛目のお皿に乗せて・・・撮影後にたっぷりのイチゴジャムをつけて・・・

セルジオ君の模様のマグには、いつもはコーヒーだけど ミルクティー。スコーンにはミルクティーです。絶対。私のコダワリ。

室生の夢雲さんでの展覧会で求めた、森岡さんの南蛮焼き締めの碗には フルーツとヨーグルト。
お匙はさかいあつしさん。すっかり手にも馴染んでいます。

シアワセな朝ごはんとなりました。
S君ご馳走様でした。美味しいスコーン。今度作り方教えて下さいね。
[PR]

by gallery-izumi | 2012-10-30 22:59 | いろいろ

無垢の木のテーブル

リフォームを期に椅子に座る生活に変りました。さて、いいテーブルが欲しい!
「無垢の木のテーブルがええなぁ。」夫と私の意見は同じでした。

これからず~~~っと毎日使うテーブルです。気に入ったのでなくっちゃ!!
予算も大事だし・・・。

ネットで色々下調べをして、何軒かお店を訪ねました。
そうして出合ったのがこれです。
b0218775_134635.jpg


素材はウオールナット(胡桃)です。
一番の特徴は「耳付き」という点。つまり天板の端っこが天然のままで、きっちり整形されてない状態だということです。

お店でその天板を見た時とても気に入りましたが、気持ちを落ち着かせるため 一週間おいてもう一度訪ね「やっぱり好き!」という訳で決めました。

お店の方は、床暖房に対応出来るように足の取り付けを変更して下さったり、お手入れのアドバイスをして下さったり・・・・何より 無垢の木が好きだからお商売されてるような感じがして 安心して買うことが出来ました。そうそう お値段もとても良心的でしたよ。
(注・決してお店の回し者ではありません。)

吉祥寺のSOLIWOOD CRAFIS というお店です。詳しくは→矢印をクリック





お知らせ
    森岡 由利子展
    6月9日~17日  於・器スタジオtry

李朝のような風格さえ感じる森岡由利子さんの白磁 絶対お勧めです!!

詳しくは→矢印をクリック
または、元店主お勧めブログの 森岡成好・由利子さんをクリックしてくださいね。
[PR]

by gallery-izumi | 2012-06-09 14:19 | いろいろ

ハートのつぼみ

知り合いからいただいたアマリリス。まさに開かんとするつぼみがハートに見えませんか。

b0218775_1134424.jpg


このアマリリスをいただいたのは昨年末でした。12月と1月のリフォームの間 光のほとんど当らない気温の低い場所に置いてあったので、大きく育つのは無理かも・・・と思っていました。もちろん花が咲くなんて期待してなかったのです。
そういう悪い環境に耐えて、花開くまで後一歩。愛らしいハートの形のつぼみで部屋を明るくしてくれてて・・・。あ~健気で根性のあるアマリリスやわぁ。

「色々厳しい事があっても、この花のようにじっと我慢で乗り越えて~」と4月から新しい事を始めた周りの人達にささやかなエールを送りたいと思います。「頑張り過ぎないで、頑張れ~ぇ!」って難しいか?

それから・・・
鉢カバーはIKEAで¥400くらいでした。ラベルに漢字の説明があるから多分中国製。よくこんなのを¥400で作れるな~と感心します。

テラコッタの猫は長島伸夫さんの作品です。

大好きな物に囲まれてる毎日に感謝。
[PR]

by gallery-izumi | 2012-04-21 12:07 | いろいろ

完成間近

昨年末から続く我が家のリフォームがほぼ完成。
住みながらのリフォームはなかなか大変でした。しかも途中で祖母のお葬式やらお正月やらをはさんだし・・・でも少しずつ整ってくるのは嬉しいものです。

色々とリフォームした中で一番気に入ってて且つ危険なのがリビングの床暖房です。お昼ご飯の後ゴロンとなると気持ちよくてついうたた寝。気づくと2時・・・・夫の帰りが遅く一人で夕ご飯を済ましたらゴロン。いつの間にぃ~10時!てな具合です。あ~なんて気持ちいい床暖房。危険すぎる床暖房です。

リフォーム作業にはいろんな方にお世話になりましたが、一番興味深かったのはタイル職人さんの作業でした。
b0218775_22385225.jpg


タイルを貼るにはまず まるで左官屋さんのようにコテで接着剤を壁に塗ります。そこにタイルを適当に(そのように見えた)ポンポンと並べていきます。すごいスピードでした。
それからネジマワシのお尻部分のような棒状の道具でタイルをコンコンコンコンと小刻みに叩くのです。叩くことでタイルを正しい位置にずらしているそうです。また軽く圧力を加えることで接着を促進させるのも目的だそうです。
前もってどこにタイルを貼り付けるのか線を引くこともしないのに、決して歪むこともなくまっすぐに、最後には帳尻を合わせられて、きちんとタイルは収まるべき処に収められていきます。

私が感心したのは、最初にポンポンと置いていく大胆さと、しかし最後にはキチンと並ぶ繊細さ、両方ないと出来ない仕事だと思ったところです。
もちろん長年の勘で出来るようになるのでしょうけれど、センスも絶対に必要だと思います。

なかなか厳しいお仕事で、大きな面積をタイルで埋める時や床面で這い蹲って作業しなくてはならない時などが続くと腰痛に悩まされるそうです。
このごろは成り手が少なくなってきているとも伺いました。

と、このように、私はこの職人さんのお仕事中ず~っと見学?させていただき、色々質問し、写真まで撮らせていただきました。きっとやりにくかったと思います。タイル職人さん、いやな顔ひとつせず対応してくださってありがとうございました。プラスごめんなさいでした。
[PR]

by gallery-izumi | 2012-03-01 23:21 | いろいろ

傘餅

祖母の四十九日の法要をしました。
その中に「傘餅」という大阪地方だけに伝わる真言宗の儀式があり、興味深かったです。

事前に49個の丸いお餅とその丸餅を覆うような平たくて薄めの大きなお餅を一つ用意しておきます。
お坊さんのお経の後、そのお餅を切って人型にします。
写真を撮りたかったのですが、お坊さんの前で不謹慎かな・・・と思って断念しました。
と言うわけで、手描きで再現
b0218775_11171931.jpg

きたない図ですみません。平たくて薄めの大きなお餅です。今回用意されてたのは直径30センチくらいです。そのお餅を線のところで切ります。切るのはお坊さん。適当に目分量で切られました。

で、切ったのをこのように並べます。
b0218775_1120277.jpg


人の形になったでしょ。これは極楽浄土へ旅立つ祖母をあらわしているのだそうです。

残された者達でこのお餅をいただくのですが、自分の体の悪い部分をいただくと、
祖母がその悪い事をすべて引き受けてくれるそうです。
じゃあ、「祖母が困るじゃないか」と思うでしょ。
でも大丈夫。祖母は痛みも苦しみもない極楽浄土に旅立つ訳ですから。

足が痛い人が多くて取り合い???こちらの世界は煩悩無限ですね~。
因みに頭の部分の丸餅は49個ありますから、全員に行き渡りました。
皆頭がよくなること間違いなしです。
[PR]

by gallery-izumi | 2012-02-01 11:38 | いろいろ

お花の名前

先日のお茶会のお花の名前を今日はちゃんと聞いてきましたよ~。

b0218775_22384462.jpg


緑の背の高いのが ススキ
その下 ほんのり赤みがかった フジバカマ
フジバカマの下 紫がかっているのが リンドウ
左の白いのが シロホトトギス
右の小さくて白いのが コギク

でした~。


籠の名前は 桂籠 です。
千利休が桂川で魚釣をしていた人の魚篭を 花入れとして見立て使いをしたことからこの名前になったそうです。
また、吉良上野介のはねられた首の代わりに、この桂籠に白い布を被せて 市中を回ったとか・・・・・
成程そう言われれば、ちょうど頭の大きさくらいの籠です。
[PR]

by gallery-izumi | 2011-10-04 22:41 | いろいろ