カテゴリ:漆( 2 )

丸い箱?

もう先月になりますが・・・・
六本木のGallerySUで赤木明登さんの「漆の箱展」を拝見しました。
b0218775_22565658.jpg

げんこつくらいの大きさの赤木さんの「箱?」です。
蓋を取るとこんなのです。
b0218775_2312157.jpg


ギャラリーで
友達Hさん「お棗(お抹茶を入れる道具)に使えそうやん」
私 「そ~やね。ほな、これに決定!!」というノリで購入。
展示期間が終わったら送っていただく約束をしてウキウキと帰宅しました。

数日後 お茶道具・真泉堂で
私 「お棗にみたてて使おうと思って、卵みたいな漆の箱買ったのよ。」
真泉堂のご主人 「お茶杓乗りますか?卵の上に???」
私 「うっきゃ~!!お茶杓のせる事 忘れてた!!」

そんなこんなで・・・・やってみました。
b0218775_23111777.jpg

何とかいけそうです。強引かしら?
しかし、これを使ってお点前をする時は、落ち着いて精神を集中させてそぉ~っとしなくては、お茶杓は上手く乗ってくれません。
ウム。。。精神集中の修行になるかも・・・です。
はやくこれを使ってお茶を点ててみたいなぁ。
[PR]

by gallery-izumi | 2012-10-15 23:23 |

匙屋さんのおさじ

明日29日から5月6日まではゴールデンウィークでギャラリーはお休みします。
で、弟が個展している 京都・丹後半島の宇川温泉に行ってきま~す。

私は実は生の魚がちょっと苦手・・・・つまり「お刺身はあんまし~。」なのですが、海のそばのお宿でいただくお刺身は別!!というわがままな奴です。
宇川温泉 よし野の里 はもちろん海のそば。うきゃ~。おいしいお刺身いただいてきます。

ええっと話題を本題に戻しますと・・・・
b0218775_16453534.jpg


このおさじは 国立の匙屋さん(酒井あつしさん)の作です。「くねくね」と呼んでます。
確か青山のギャラリーワッツでの展覧会の時に注文して作っていただいたものだと記憶してます。
ちょっと大きめなので、カレーやシチューをいただく時に・・・と思って求めましたが、毎朝ヨーグルトを食べるのに愛用しています。このおさじ以外使う気にならないくらい気に入ってます。木のおさじは陶の器に当たってもカチカチいわないのがいいですね。
 
実は、南蛮焼き締めの器のシチューすくって後ろがちょっとハゲてしまいました。
でも匙屋さんは塗り直しもして下さるとか・・・・もうちょっと「ハゲハゲ」たらお願いしようかなと思ってます。

ギャラリー泉のディスプレイ台も匙屋さんに無理やりお願いして作っていただいたものです。
酒井さんは、ほんと~にいい方で、また数回しかお目にかかってなかったのに (たぶん)快く(内心はご迷惑だったかも・・・???)引き受けて下さり、何度も色の調整のため足を運んでくださいました。感謝してます。お陰様で、お客様の中には「台を売って欲しい。」と言う方もいらっしゃいました。ほんと~感謝してます。酒井さんありがとうございました。
閉店したらあのディスプレイ台は弟が使うことになっています。全国のギャラリーでの個展に持っていくことになると思います。

因みにこれ、初めて先生の力なしで一人でやってみました。うまくアップできるかな。。。心配です。
では送信押します。
[PR]

by gallery-izumi | 2011-04-28 17:11 |