<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

愛しきもの ②

長島伸夫さんは写真のような素焼き(テラコッタ)の猫のオブジェの制作と猫の絵を描かれる作家さんです。
b0218775_14385537.jpg


私も母も長島さんの大ファンで少しずつ作品を集めています。30年以上ファンだから我が家には長島さんの猫ちゃんがいっぱ~い。掌に収まるくらい小さいものから、3,40センチはあるくらい大きなものまで、どの子も長島さんの優しいお人柄がじわ~っと感じられる作品ばかりです。

ギャラリー泉では長島さんの展覧会を二回していただきました。この猫ちゃんは一回目の時に長島さんから「開店のお祝」としていただいたものです。
それ以来ずっとうちの招き猫としてお店にいました。

この猫ちゃんをウインドウ越しにご覧になって入店下さり、それ以来 来てくださる度によくおしゃべりをしましたね。Iさん。
お店はなくなりますが、どうぞこれからもよろしくおねがいします。
猫友ですからね~!!
[PR]

by gallery-izumi | 2011-06-16 14:50 | 人形

愛しきもの その①

昨日でサヨナラ・ありがとう展終了しました。皆様 本当に色々とありがとうございました。

たいていいつもギャラリー泉の壁にかけてあった版画です。
b0218775_11304278.jpg


ちょっと写真が歪んでますね~。まだまだパソコン未熟で修正できません。すみません。

この版画は友達の版画作家けろちゃんの作です。ギャラリーオープン直前、彼女の個展で求めました。それからず~っとギャラリー泉と共に!!ありました。大袈裟。。。

これからは我が家に飾るね。けろちゃん。
[PR]

by gallery-izumi | 2011-06-13 11:37 | 人形

紫陽花をいただきました。

「今日はいよいよ最後の営業日、笑顔で楽しく一日行きましょう~。」と張り切ってお店に着き、ドアを開けようとしたら・・・・鍵がない!!「そうだ、出掛けに夫が玄関まで見送ってくれたので、家を出る時に自分で鍵をかけてないイコール忘れた。」
あ~最後の日なのに・・・・タラリーン。
焦ってアルバイトのAさんに電話したら、駆けつけてくれました。すみません。最後の最後まで・・・Aさんありがとうね。

という大失敗でスタートした最終日・・・・
ちょっと落ち着きを取り戻した頃、お客様のKさんがご来店くださいました。
お庭に咲いてるという 紫陽花を沢山いただきました。うれしい!!


b0218775_12451592.jpg


早速、萬理の粉引きの花入れに入れてみました。寂しかった店内がぐっと華やかになったようです。
ありがとうございます。Kさん。

外は曇り空だけど、明るく明るく。最後の一日、いつものように・・・・・。
[PR]

by gallery-izumi | 2011-06-12 12:57 | 萬理

素材は磁器です!

今日もまず写真から・・・
b0218775_14592126.jpg


ご覧いただくとアクセサリーということはお分かりだと思います。
しかし何で出来てる?と言ったら、きっと金属だと思われてしまうでしょう。

京都の作家小林浩子さんの作られるアクセサリー、素材は磁器です。磁器だったら重いのでは・・・と思われ勝ちですが、皆さん手に取られると、びっくりするほど軽い!!

ブローチはペンダントにも使えるように紐を通せるようになっているスグレモノです。私の知る限りこういうアクセサリーを他に作ってる方いないです。世界に一つだけの~♪アクセサリーです。
[PR]

by gallery-izumi | 2011-06-11 15:06 | アクセサリー

あれれ?

まず写真から・・・
b0218775_13581337.jpg

京都の陶芸作家 野嶋信夫さん作の急須です。

注ぎ口が右ってことは???そう、左利きの方の為の急須です。
今回の展覧会に出ています。
左利きのお客様で、この急須にご興味を持たれた方が今日までの期間中に3人。「きゃ~こういうのあったのね」とか「初めてみたわ~」とかおっしゃってお手にとられました。
でも・・・・・今までずっと右利き用の急須を無理やり使ってそれに慣れておられるので、今更左利き用は逆に違和感があるらしいです。無言で元あった場所に返されるという訳です。

つまり①左利き且つお茶を入れた経験がほとんどない且つこれから入れる方 ②物好き
①か②の条件を満たしてないとダメという事になります。

ハハハ。そんな方いないよね~。なかなか。きっと最後の最後まで飾ってあるでしょう。


 
[PR]

by gallery-izumi | 2011-06-10 14:43 | 陶器

最後の一個

ギャラリー泉の受付の後ろにある棚です。
ギャラリー泉になる前「旅人木」さんという器の専門店だった時からずっ~とこの棚には萬理のマグカップが並んでいました。そう、この棚は「萬マグの棚」だったのです。

「サヨナラ・ありがとう展」には沢山の方が来てくださって、萬マグをお求めくださいました。
本当にありがとうございます。この棚に並べるマグがなくなる日が来るなんて思ってませんでした。
寂しい~。

b0218775_13285213.jpg

[PR]

by gallery-izumi | 2011-06-09 13:30 | 萬理

水指

水指が大好きな私。
茶道のお稽古には行ってるけど、我が家には釜もないし、畳の部屋さえない。
キッチンでちょこちょこっとお茶を点てていただく程度なので、残念ながら水指の出番はない。

なのに・・・・なぜか昔から水指がだ~い好き。大学生の頃アルバイトでギャラリーを手伝ってて、江副行昭さんというガラス作家さんの水指に一目ぼれ。茶道のサの字も知らない時で、「高価な梅干入れ?」と思っていたのですが、毎日眺めているうちに、我慢が出来なくなって人生で初めての超高いお買い物となってしまいました。
長い間 時々出して眺めて「うっきゃ~幸せ」(目がハート)

とまあこのくらい水指が好きなので、この中村敏幸さんのガラスを眺めてると「えらいこっちゃ!」状態に陥ってしまいます。

ボールにもなるし、平水指にも使えそう
b0218775_12122528.jpg

水指
b0218775_1213322.jpg


あああ・・・どうしよう。素敵な水指。
[PR]

by gallery-izumi | 2011-06-08 12:29 | ガラス

てっせん彫り

てっせん彫りって何??と思われますよね。

てっせん彫りとは セン という昔は桶や下駄をつくっていた道具で作られた彫刻です。
吉岡利一さんという作家さんのオリジナル。ん。ヨシオカ?ここで鋭い方はぴ~んとくるでしょう。
吉岡萬理と同じ姓・・・・そうです。萬理の父親です。つまり私の父親でもある。当たり前やけど。

雛人形や五月人形 干支 色々作っています。

干支勢ぞろい
b0218775_19214127.jpg

実はこの勢ぞろいは最後の一組でして、既に売れてしまいました。
干支はそれぞれ一個ずつ箱に入ってるのもあります。一個が掌にのるくらいの大きさです。
紙の箱に入っていて、この箱は106歳になる祖母が100歳くらいまで毎日毎日作っていました。
家内制手工業ですね~。
今はもう作れないから、祖母が作りためたのがなくなったら・・・・どうするのかなぁ。

てっせん彫り人形は店内には飾っていませんが、このブログをご覧の方でどんなのか見てみたい方はどうぞお申しつけください。
五月人形と雛人形ならお店にあります。それ以外をご希望の時は事前に連絡くださいね。
[PR]

by gallery-izumi | 2011-06-07 19:41 | 人形

アヤシイ鳥・不思議なリンゴ

今日はBeBeちゃんをご紹介します。
ピンクだけを使って布に不思議な絵を描く作家さんです。その布に描いた絵を
バッグだったり、Tシャツだったり、靴やカーテンなどなどに仕立ててます。とにかくピンクの絵なのです。
絵もピンクだからってファンシ~なお花などではない!!ある時はプロレスラーが戦ってる絵とか、
釘とかのウルトラシュールなものから、くまさんまで・・・・・
面白い人です。ホンマ。


b0218775_1942940.jpg

リンゴ
b0218775_19433817.jpg

[PR]

by gallery-izumi | 2011-06-05 19:46 | テキスタイル

面白いカタチ

サヨナラ・ありがとう展、3日めを無事終えました。
たくさんの方が来てくださって、それだけで幸せな私です。感謝・感謝・感謝です。

さて「遅いっ」と言われそうですが、出品してくださってる作家さんを順番にご紹介しようと思います。まず今回はバッグを出してくださってる上野恭子さん。
b0218775_205623100.jpg


面白いカタチのバッグでしょう。実はもう一枚写真を載せたいのですが、写真がデカ過ぎてどうやって小さくしたらいいのかわかないので、一枚にしておきます。スミマセン。

上野さんはこのデザインを陶芸家ハンスコパーの作品を見てひらめいたそうです。凄い!!凄すぎる!!私もハンスコパーやルーシーリーの展覧会みたけど こんな風に応用するというか、ひらめかん。普通の人だわ~私。

ユニークなバッグにノックアウトされてしまいました。
 
[PR]

by gallery-izumi | 2011-06-04 21:02 | テキスタイル