<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ぎょぎょ

ギョギョ これは一体何???と思われる方も多いのでは・・・・。
b0218775_132525100.jpg


実はこれは、魚形の南蛮焼きしめの箸置きです。アップで撮影しすぎですねぇ・・・。
いつまでもどこまでもカメラ苦手です。おゆるしを・・・・
作家は森岡成好さん。今年5月ギャラリー泉の最後の展覧会であるだけ(8匹)買占めました。

なぜそんなに買ったかって??? だってこの魚=ハゼ 何となく誰かに似てるような気がして・・・・
誰だって??? うちのだんな様です。 このハゼのようにグリグリお目々でギョロギョロしてる人なのです。ははは。ごめんね。だんな様。

森岡成好さん・由利子さんご夫妻のブログはこちら
[PR]

by gallery-izumi | 2011-09-28 13:29 | 陶器

アート オブ ブリキ

連休も今日で終わりですね。
昨夜 実家の奈良から帰京しました。
東京は台風直撃で大変だった様子。自然の力って怖いですね。今年は特にそれを感じます。

さて、帰宅したらこんな案内状が届いていました。
b0218775_17191758.jpg


ブリキの板や缶に絵を描く作家さん、高須賀 優さんの作品展です。
高須賀さんにはギャラリー泉でも展覧会をしていただきました。
テーマはサーカス。なんとなく物悲しさがただよう道化師や空中ブランコ、踊り子などがモチーフで
ギャラりー内が不思議な空間になっていた事を思い出します。

その時に求めたのが、この缶です。
b0218775_17225056.jpg


玉乗りの少女の絵が描かれています。
明るい色ばかりつかわれているけど、ちょっと寂しい・・・・そんな少女です。

高須賀さんの展覧会は・・・・

道化の春・高須賀優展
10月3日(月)~8日(土)
11時30分~19時(最終日は16時まで)
於 小野画廊Ⅱ
中央銀座1-8-9 第2奥野ビル1F

小野画廊のHPはこちら
高須賀さんのブログはこちら

展覧会場の奥野ビルは昭和の始めころ建てられた古~いビルで、時々ドラマの舞台としてつかわれてたりもします。(私の知る限り最近では「リバウンド」で主人公・信子が住んでいたアパートの入り口がこのビルじゃなかったかな???)
小野画廊以外にも幾つかの画廊が入っています。そうそう手動でドアを閉めるレトロ~なエレベーターがあります。高須賀さんの展覧会と共に、ビルを見るのも面白いと思います!

みなさま 是非お出かけください。
[PR]

by gallery-izumi | 2011-09-25 18:08 | いろいろ

長~い つきあい

台風の影響で雨が降り出しました。
この前のような豪雨にならなければいいのですが・・・・・

この雨でもう夏は終わりでしょうか。秋というだけで何だか寂しい気分になりますね。
ん??食欲の秋でしょうって・・・・そう・・とも言えます。

先日パソコン教室で名刺づくりに挑戦しました。人生2度目の名刺です。

最初の名刺はお店を持った時。生まれて初めての名刺、慣れないのでどのタイミングで差し出したらいいのか戸惑って、いつも間が悪かったような気がします。

さて、名刺を持つと当然名刺入れがいる→という訳でこちらは、私の初めての名刺入れです。
b0218775_23144934.jpg

インドの古渡更紗の生地を使って友達のYさんが作ってくれました。
約5年間 毎日持ち歩いていたので、角が擦り切れてしまってます。
お店をクローズしたのと同時に、新しい名刺入れを新調しようかな・・・とも思いましたが、
色んな思い出がいっぱい+親友Yさんの手作り=とてもそんな気になれません。
新しく作った名刺を入れてまだしばらく活躍してもらうことにします。
[PR]

by gallery-izumi | 2011-09-19 23:25 | テキスタイル

展覧会 初日

昨日は銀座の猫&キャンドル展初日、張り切ってお手伝い?にぎやかし?に出かけました。
作品の猫もキャンドルも、予想通りとても素敵。作品の質も数も、作品創り以外にしなくてはならない雑多な準備も完璧!!流石だな~。プロやわ~。色んな意味で見習わなくては!!

長島さんの新作
b0218775_22521471.jpg

ディスプレイされたキャンドル
b0218775_22532334.jpg


私はといえば・・・久しぶりに接客のお仕事して血が騒ぎました。気に入ってる物を皆さんに紹介する仕事が、やっぱり大好きです。

とても嬉しかったのは、ギャラリー時代のお客様 Kさん、Mさん、Iさん 元スタッフのAさん、Aさんのお友達が来て下さって、久しぶりに会えたこと。
Mさんとは初めて一緒にランチも出来ました。もっとおしゃべりしてたかったな~。皆さんありがとうね。

お~そうそう。超大物俳優のG.Kさんご夫妻が、長島さんの猫ファンだとかで、展覧会を観にいらっしゃいましたよ。いや~。やっぱり銀座ですねぇ。G.Kさんはとても穏やかな物腰の方でした。

この展覧会は19日月曜日までやっています。キャンドルの倉田さんは毎日会場にいらっしゃる予定ですし、猫の長島さんも週末には名古屋からお出かけくださる予定です。
[PR]

by gallery-izumi | 2011-09-15 22:58 | 人形

猫とキャンドル

ギャラリー泉でご縁のあったお二人の作家さんが、同じ期日同じギャラリーのスペースⅠとⅡで展覧会をされます。

スペースⅠでは、猫作家の長島伸夫さん。
私のコレクションから・・・まず写真をご覧ください。
b0218775_7562947.jpg

きゃぁわい~い。もう一枚。
b0218775_7574397.jpg


長島さんは、写真のようなテラコッタのオブジェや油絵、版画などの作品を作られます。
もちろんモチーフはすべて猫。
私は母から2代続く筋金入りファンです!!(意味のない自慢やわ~)
ご自身ももちろん猫を愛する長島さん。その優しさが作品に表れています。

スペースⅡは、キャンドル作家の倉田由美子さん。
え~、これがキャンドル!!と誰もが驚く作品です。
まずはDMにもつかわれているフルーツボールの形のキャンドル。
b0218775_7401954.jpg

カップケーキのデザイン。
b0218775_7421053.jpg

そして今年の新作、きのこのデザインも登場。
b0218775_7432929.jpg


ほんのり いい香りもします。火を灯すのがちょっとためらわれますね。でも灯すとまた別の美しさもありますよ。

倉田由美子さんのブログはこちら

長島さんと倉田さんの展覧会は9月14日から銀座のギャラリーおかりやで。
ギャラリーおかりやのHPはこちら

初日には私、元店主もお手伝いに行く予定で~す。
[PR]

by gallery-izumi | 2011-09-10 12:35 | 人形

手紡の木綿布

お店をしていた時には考えられなかったのですが、時間に少しは余裕がある今、私の背には羽がはえてるみたいです。甲府まで「手紬の布」の展覧会を観る為、プチ旅行に出かけました。

「かいじ」に乗って甲府駅に降り立ったら、駅の傍にはまずこれが・・・・
b0218775_1533282.jpg

武田信玄像で~す。

時間はすでに1時、という訳でまずお昼ごはん。
甲府名物で一番目立っていたのは、甲州地鶏のもつ煮です。でも私はもつ系はちょっと苦手なので、二番目に目についた ほうとう屋さんに入りました。
b0218775_159812.jpg

いろいろな種類がありましたが、きのこほうとうと迷って結局かぼちゃほうとうを注文しました。
でっかいかぼちゃがゴロゴロ入っています。そのうえ牛蒡や白菜、じゃがいも人参さといも・・・かみごたえのある太い麺。お腹いっぱい大満足になりました。 

腹ごしらえも出来て、いざ展覧会場へ。
木綿のストール
b0218775_15191080.jpg

ティーマット
b0218775_15243082.jpg


布をつくられたのはウンカムさんというラオスの方と ウンカムさんの村の方々です。
綿の種を植え、育て、綿を紡いで糸を作り、天然染料で染め、織られた物です。
たったの一行で書きましたが、どれだ大変な手作業でしょう。想像もつかないくらいです。
甲府在住のUさんがラオスに出掛けられてウンカムさんと協力され、この展覧会が実現しました。


手触りは糸が太めなのでちょっとゴワッとしていますが、水を通し使っているうちにふわふわになります。
会場には8年間つかってるというシーツにも、肌掛けにもつかえそうな大きな二重の生地が見本としいてありました。もう数えきれないほど洗濯したというその生地の肌触りのいいこと・・・・・
私も迷わず同じ生地を求めました。
お手軽な作品としては¥350のハンカチ。染めたものもいいですが、きなりに惹かれました。
ストールもずいぶん数が減ってしまったそうですが、¥3000から。 木綿のストールは使う季節が長くてうれしいですね。


テレビ局が取材にいらして大盛況だというこの展覧会は11日まで
甲府駅より徒歩10分くらいの「アートスペースあやとり」で開催されています。
あやとりさんへの道順は甲府駅を出たところにある観光案内所できけば教えてくださいます。地図もいただけますよ。(あやとりさんはHPないのです・・・)
時間は11時から17時まで、ほうとうとセットでいかがですか?
[PR]

by gallery-izumi | 2011-09-08 15:51 | テキスタイル

役にたってます!

今日は暑い季節に大活躍の籠をご覧ください。
b0218775_14471457.jpg

この籠はもう10年以上前に バスケタリー作家、小林孝子さんにお願いして作って頂きました。 
サイズも希望の通り。横長が好きだけど、電車で座って膝の上に乗せた時にお隣にはみ出ないようにお願いしました。中は藍染の布張りです。
よく使っているので、全体的に飴色に変化しています。特に持ち手。 いい色でしょ。


こんな風に使っているうちに少しずつ年期が入っていい感じに変化していく物が好きです。
作家さんの作品を、使うことで育てていく(育てるなんておこがましいですが・・・)ということだと思います。
また使っていくうちに作品に対する愛おしさも増してきます。きっと私はこの籠を一生使うでしょう。 もしも擦り切れたり傷んだりしても修理してくださることになっています。
[PR]

by gallery-izumi | 2011-09-01 14:51 | いろいろ