<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ハートのつぼみ

知り合いからいただいたアマリリス。まさに開かんとするつぼみがハートに見えませんか。

b0218775_1134424.jpg


このアマリリスをいただいたのは昨年末でした。12月と1月のリフォームの間 光のほとんど当らない気温の低い場所に置いてあったので、大きく育つのは無理かも・・・と思っていました。もちろん花が咲くなんて期待してなかったのです。
そういう悪い環境に耐えて、花開くまで後一歩。愛らしいハートの形のつぼみで部屋を明るくしてくれてて・・・。あ~健気で根性のあるアマリリスやわぁ。

「色々厳しい事があっても、この花のようにじっと我慢で乗り越えて~」と4月から新しい事を始めた周りの人達にささやかなエールを送りたいと思います。「頑張り過ぎないで、頑張れ~ぇ!」って難しいか?

それから・・・
鉢カバーはIKEAで¥400くらいでした。ラベルに漢字の説明があるから多分中国製。よくこんなのを¥400で作れるな~と感心します。

テラコッタの猫は長島伸夫さんの作品です。

大好きな物に囲まれてる毎日に感謝。
[PR]

by gallery-izumi | 2012-04-21 12:07 | いろいろ

五月人形

桜の花も随分散ってしまいましたね。

五月人形を出しました。ちょっと気が早いかな? ん?早くないか。
私の五月人形は 父 吉岡利一作のてっせん彫です。
b0218775_1153813.jpg


父のてっせんせん彫の人形には色んなサイズがあります。
一番たくさんつくっている小サイズは、高さが5~6センチ・底の直径が3センチくらいです。どこにでも飾って貰いやすいせいか人気があります。

小の次は中サイズ→大サイズ 者によっては特大サイズまで。
でもこの写真のは超特大サイズ
高さは15センチくらいかな~。底の直径9センチくらい。製作の時 9センチ×9センチの角材から形を切り出していくわけです。凄く力がいるみたいで、もう今ではこんな大きいのはとても創れなくなってしまいました。
私が貰ったこの人形は、多分30年~35年くらい前に創られた物だと思います。

金太郎さんの斧の刃の部分と武者の兜の飾り部分は金箔がはられています。
子供の頃てっせん彫を創るお手伝いをした時、一番簡単な作業は、出来た人形を包んで箱詰めと箱のハンコ押し。ちょっと高度になってくると、部分品の彩色。そして最も難しくてなかなかさせて貰えなかったのが金箔貼りです。息を潜めてそぉ~っと金箔を貼ると、一人前の職人さん気分になったものです。まだ小学生だった頃のお話で懐かしい思い出です。
[PR]

by gallery-izumi | 2012-04-15 11:31 | 人形

たたみ方

春ですねぇ。桜吹雪が綺麗です。

という訳で冬物のセーターを少しずつ洗ってしまわなくてはなりません。

b0218775_23201386.jpg


不思議な形のセーターでしょ。頭を出すところは左側です。袖の長さも位置も左右で違うし・・・。でも 着ると見た目ほどは不思議ではないですよ。前身頃にドレープが出来るデザインです。

作者はニット作家の田中真美子さん。植物で染めた糸でオリジナルデザインのユニークなセーターを作る方です。因みに(写真がまたまた変ですが)このセーターはパセリで染めた糸です。
私はこの方の大ファン。冬のセーターはこの方のしか持ってないかも・・・・くらい好きです。

しかし、ファンの私も 真美子さんのニットは立体的なのが多いし、袖が4本もついてるのもあるし・・・ 最初なれない時は、どの様にたたんだら皺にならなくてコンパクトに出来るか苦労しました。
でも真美子さんセーターに出会って10年。近頃は「おたたみマエストロ」と呼んで欲しいくらい上手くなりました。

この たたみ方は真美子さん直伝ですぞ。

b0218775_23281242.jpg


b0218775_2329147.jpg


これをもう一回 中央で折るか、くるくると端から丸めて完成です。



お知らせ 
ラオスの布 谷由起子さんの展覧会


「ラオス 谷 由起子の仕事。0からのものづくり」  
  4月7日(土)~15日(日) 
  於・うつわ菜の花 →クリック 

「ゼロからの服」展  
  4月20日(金)29日(日)
  於・fu di ki →クリック
 
 
[PR]

by gallery-izumi | 2012-04-12 23:44 | テキスタイル

春の色

ギャラリー時代のお客様で草木染めをされているAさん。
去年3月の震災の直後に初めての展覧会を国立のアートスペース88でされました。
その時の作品がこれ。
b0218775_14142419.jpg

相変わらずのヘタな写真プラス丸い手でスミマセン。でも手提げは素敵でしょう。
シルクを色々な草木の染料でそめられて、仕立てもAさんがされました。とっても気に入ってます。

震災直後だったにもかかわらず、去年の作品展も大盛況でした。
今年も5日から やはりアートスペース88でスタートです。

国立の桜並木もきっと綺麗でしょう。お出かけしましょ~。

Asahina Yasuko Exhibition The Colors of Chance

4月5日~4月10日
於・アートスペース88
国立市中1-9-66 ファッションコージブランコ

[PR]

by gallery-izumi | 2012-04-06 14:23 | テキスタイル

土曜日の夕食

お酒が大好きなうちの夫。しかし健康の為ウィークディは晩酌をしません。
と言うわけで金曜日の夕飯はちょっと飲みディ。土曜日は一週間で一番楽しい飲み飲みディ。
私もお料理頑張らなくっちゃ!! でも、「何が食べたい」って聞くと「お刺身」という答えが多いのです。う~む。腕の見せ所が・・・まぁっ、いいか。楽だしね。見せる程の腕ないしねぇ。
じゃぁ、お皿の見せ所だわ。と言うわけで・・・・(盛り付けby夫)
b0218775_2033429.jpg

20年くらい前に大阪心斎橋の母がやっていた画廊で求めた、森岡成好さんのお魚シリーズの一枚です。この展覧会では鯛や鮭、ふぐ、マンボーみたいなの・・・さまざまな魚がいっぱい並んで、面白かったです。

サラダは萬理の大皿です。2002年の作品。直径30センチくらいで、使わないときは壁に掛けられるようになっています。多分落ちてきません。ハハハ。
b0218775_20372252.jpg


お刺身とサラダ・・・楽チンやわ~。
お皿に助けられてます。

テーブルランナーは谷さんのレンテン族の綿のものです。
お醤油こぼしてもジャブジャブ洗えて、これも楽やわ~。


お知らせ

吉岡萬理 陶展

4月17日(火)~22日(日)
於 Natural Table  甲斐市島上条3069

詳しくは萬理のブログをご覧ください。ここをクリック


萬理のブログ 右の一覧からHPにすすんでいただくと イベント案内があります。
こちらもご覧くださいね。
[PR]

by gallery-izumi | 2012-04-03 20:46 | 萬理