<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

湿し灰つくり

昨日は特別に暑く感じた一日でした。
汗が日焼け止めクリームと一緒になって、目に入って痛い~。
でも泥だらけのゴム手袋をしているので、ぬぐえない。手袋の中も汗でグチョグチョ。

「暑いよ~。痛いよ~。グチョグチョで気持ち悪いよ~。」って、いったい私は何をしているのでしょう???

答えは「湿し灰つくり」です。
あああ・・・写真撮る余裕がなかったので、画像なしです。残念。

「湿し灰って何?」 と言う方の為に解説すると・・・

お茶を点てる時、炭を使って火をおこしますが、炭を置く炉には灰がしかれています。その灰の上に違った色(具体的には濡らした濃い色)の別の灰を撒くのです。その別の色の灰が湿し灰です。

何の為に撒くって? 風情が出るからだと思う。景色と言うか・・・
湿し灰がなくても炭はおこり、お湯は沸く訳だけど、そこはソレ、湿し灰がないと間が抜けるというか 寂しいというかツマランというか、とに角 なくてはならない物なのです。

作り方は、まず寒い季節に炉の中で使っていた灰を洗います。取りきれなかった消し炭を省いたり、灰のアクを抜いたりする為です。
その洗った灰を夏の日差しで乾かし、そこに番茶や丁子などの煮汁を混ぜて色をつけ、それをまたちょっとだけ乾かし、最後に網でこしてサラサラにします。
出来た湿し灰は乾燥しないように密封容器に入れて、寒い季節にずっと使います。

この作業をする度に思うことは「昔の人は凄い。」

乾かすために 私達は新聞紙の上に灰を敷いて水分を吸わせ 次々とその新聞紙を取り替える方法でやりました。
大方乾いたら色をつける作業の為にビニールシートに広げます。
出来た灰はプラスティック容器に入れたし・・・
使った道具の洗浄には ホースから水がどんどん出て来るし、ゴム手袋してるから手が荒れることもないし・・・。
そんな物がない昔 いったいどうやって この大変な作業をしていたのでしょう。
昔の人は本当に凄いわ。
あっても無くても火はおこせてお茶も入るのに・・・・・





 
[PR]

by gallery-izumi | 2012-08-29 11:50 | お茶

マニスのワークパンツ

このパンツがないと困る。
b0218775_1146143.jpg

7、8年くらい前に買ったアトリエマニスのワークパンツ。
履きやすいのは当たり前。体形はごまかししてくれる。ラフにもちょっとおめかしにもいける。その他もろもろ とにかくこれがないと困るのだ。

だからいつの間にか素材違いや色違いで同じ形のワークパンツがこんなに・・・
b0218775_11545983.jpg


ギャラリー時代 マニスには展覧会して貰ったり、常設にも協力して貰ったり、本当にお世話になりました。ありがと~~。
蛇足ですが、店主の私がこんだけ愛していたので、ギャラリー泉で一番売れたマニスアイテムはこのワークパンツだったな~。

アトリエマニスは、今年 夏の始まりに京都に移転して、東京オフィスの要だったけろちゃんはマニスを卒業。それぞれ新しい道をスタートさせている様子です。

で、けろちゃんは早速この暑さにもめげず、何だか面白そうなことを企画してて、私もすっごく楽しみだよ。

という訳で お知らせ

けろ企画主催フリマ
8月23日(木)・24(金)・25(土)
於・間kosumi

詳しくは お勧めブログの「けろ企画」を見てね。

[PR]

by gallery-izumi | 2012-08-22 12:19 | テキスタイル

宿題

オリンピックも終わってしまいました。気づくともう8月も半ばです。
昔から夏休みの宿題は8月後半にまとめて頑張る派の私は、
大人になってもやっぱり同じ。
お覆服教室の宿題に手をつけてませ~ん。

先生は優しいから宿題してなくてもしかったりされないけど、自分で「ここまでやってきます!」ってえらそうに宣言したしねぇ。頑張らなくっちゃ!!

ただ今挑戦中は・・・・

インドのサリーの布を使って
b0218775_17145317.jpg

江副行昭さん作のガラスの茶入
b0218775_17153048.jpg

これのお覆服を作ることです。

江副先生のガラスの茶入は母が心斎橋で画廊をしていた時に展覧会で求めたものです。
オレンジが鮮やかな夏らしい茶入ですが、長年お覆服もないままガラスケースに飾られていました。

日ごろから「工芸作品は眺めてるだけでなく、使ってこそ本当の美しさが発揮される」と思っています。だから、この茶入にもお覆服を着せてあげて「お点前の時に使いたい!!」と思います。

よーし!宿題がんばろう。
[PR]

by gallery-izumi | 2012-08-14 17:32 | ガラス

ニョロニョロ君

実家から帰って来ました。東京は暑い!!

実家は昔ながらの木造住宅です。
裏の山と川が天然クーラーのような役割をしてくれて、気持ちのいい風が入ってきます。夜になるとクーラーなんか全く要らない涼しさでした。

帰宅すると ベルテッセンが咲いていました。2センチくらいの小さなベルの形の花です。かわいいなぁ・・・・
b0218775_12423098.jpg

萬理の花入れ、ニョロ君に挿してみました。

ニョロ君は20センチに満たない一輪差しです。

ニョロ君の誕生は今から6、7年ぐらい前。
もっと大きくて(50センチくらいはあったかも・・)ニョロニョロ君という名前でした。
b0218775_12474145.jpg

この写真のニョロニョロ君は、割と初期時代の作品。
ギャラリー泉開店直後の萬理の展覧会の時のものです。

その頃は、「こんなでっかい変な形の花入れ、しかもふざけた名前。だれも買ってくれへんわ。」と決め付けていましたが、お得意様のTさんが「リビングに置いたらかわいいわ~」と言って求めてくださいました。
萬理と私は「本当に買うんですか?いいんですか???」と顔を見合わせて何回も伺ったんですよ。
Tさんは、その展覧会以後も度々お店に来てくださって、「ニョロニョロ君 気に入ってるよ。」とおっしゃって下さいました。

ありがたや~。ありがたや~。

それから数年後「大きなニョロニョロ君が欲しいけど、置くところがないし・・・。」というご意見が多くて 誕生したのが、小さなニョロ君です。小さいのは10センチくらいから。柄も色々です。
ニョロ君は登場当時「小ニョロ君」という名前でしたが、舌をかみそうになるので「ニョロ君」に改名されました。

そうそう。ニョロニョロ君はチューリップが大好き。写真のニョロニョロ君もチューリップをくわえているでしょ。
それからピーマンやパプリカをちょこんと乗せて飾っても斬新でいいです。
いかがですか?一家に一個ニョロニョロ君またはニョロ君を!!

以上 ニョロ君誕生ストーリーでした。 どうでもいい話ですみません。
[PR]

by gallery-izumi | 2012-08-08 13:21 | 萬理