<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

HPE ラオスの布

もう5年くらい前になるかなぁ。
当時 国分寺にあった谷 由起子さんの事務所で初めてラオスのレンテン族が作る紬を見た。
「ビビビッ」からのドキドキする高揚感!!!「なに~この布、引きつけられる~!目が離せない!!!」
これ、決して大袈裟でなく あの時の衝撃が全然表現出来てないっ!。

ともかく「この布の着物を着たい!」と即決。そして出来たのがこの着物である。
因みに帯もその後 買い足した谷さんの布で作ったもの。昼夜帯と云ってリバーシブル。
b0218775_1132363.jpg

う~~ん。画像では布の良さが伝えきれてない(涙)
木綿と絹の違いはあるけど、大昔の丹波木綿みたいな力強さと素朴さ その上に絹独特の繊細な質感、両方が備わってる布なのだ!!

何故か?それはこの布が作られる全ての工程で 一つとして力の省略がないからに他ならない。
ああ。。。この話になると鼻息荒いわ~。落ち着け私。

そう。何回も言うけど、レンテン族の人達は 桑畑を耕す→蚕さんを育てる→絹糸に紡ぐ→染める(モチロン染料も自分達で調達する)→織る を、代々伝わる方法で省略なしで作ってる。産業革命以前の方法なのだ。
例えば藍に染める時に必要な石灰。これさえ石灰岩を砕いて30時間も焼いて自分たちで作ってるというのだ。 その辺で売ってる石灰だと染め上がった時の色が全然違うらしい。

更に この布の凄いところは使えば使う程 美しくなっていくって事。
この着物を擦り切れるまで着て、もう仕立て直しが出来なくなるくらいにボロッってなっても 薄くなったところには継ぎを当てたり刺し子をしたり、パッチワークで他の布とあわせたりして他のものに再生できる。着物として少しずつ古びていく途中も美しいのだが、その再生されたものもとても魅力的だ。
谷さんの展覧会で、使い古された布で作られたパッチワークを是非ご覧頂きたい!

落ち着け~私。

ともかく 私はこの着物に袖を通す度に、手塩にかけて作られた布を纏う幸せを感じる。
こんな布がまだ地上に存在してて、普通の庶民が着物に出来るくらい身近なものであることに感謝してる。

「資本主義の波を被ってこの布作りが今後限りなく不可能に近くなる」そう言いながらラオスと日本を行ったり来たりして布作りを諦めない谷さんが、「今の一瞬を大切にして作ってみたいものを作った」という会が浦安であります。
谷さんの今年最後の展覧会です。
この会はギャラリーではなくHPE主催で、なにやら他の会場とは違う楽しい企画があるそうな。絶対行かなくっちゃ!!


HPE ラオスの布

11月16日(土)~22日(金)
11時から18時

於 路風舎ーろふうしゃー

浦安市堀江3-5-2(旧 宇田川住宅裏)

会期中の連絡先 03-3368-2636 (会場に転送される)

会期中 会場にはいつも谷さんがいらっしゃるそうです。

[PR]

by gallery-izumi | 2013-11-14 11:32 | テキスタイル

お仕覆9号完成 おまけ付き

お仕覆9号が完成しました。
b0218775_1402334.jpg


裂地は「花文入 船越間道」

伊予の守 船越五郎衛門 さんが好んだ縞模様だから 船越間道。
そこに小さな花模様が加えられてるので花文入り なんだって。

中身のお茶入れは高価な物ではないけれど、故郷 奈良の赤膚焼きなので気に入って大切にしている物です。
なので、このお茶入れにせっせとお仕覆を作っている訳です。

一つのお茶入に着せ替えのお仕覆を作ると、必要になってくるのが中詰。
という訳で、中詰も作りましたよ~。
b0218775_1411418.jpg


中詰 意外と手間がかかりましたが、これでお仕覆の型崩れを防げます。

今度はどんなのを作ろうかなぁ。
[PR]

by gallery-izumi | 2013-11-10 14:13 | お茶

谷由起子さんの布

吉祥寺のOUTBOUNDに行って来ました。

「H.P.E. 谷由起子の仕事/ラオス少数民族との布づくり」 という展覧会を拝見し そして一年に一度谷さんの笑顔に会う為です。
b0218775_1053183.jpg

お元気そうで笑顔がほんとうに素敵な谷さん。
羽織られているのは、新しくチャレンジされている絞りのスカーフ。まるで星のように見える柄が魅力的でした。

まずOUTBOUND の小林さん撮影の「藍染のために使う石灰づくり」のテープを拝見しました。

山中にある巨大な石灰岩をまず砕くところからテープは始まります。とても硬い岩のようで 兎に角ガンガンガンと・・・特殊な機具もなく工事現場などにころがっていそうな鉄の棒でひたすら・・・

砕かれた岩の小さいものは、女性やお年寄り「子供?」と思うような華奢な体つきの人達で、大きな塊は男性が木の皮で即席でつくった紐をかけ 天秤で二人がかりで運ばれていきます。

それから その石は崖の斜面を利用してつくられた窯につめ込まれ(ここまでで既に辺りは真っ暗)30時間 ためておいた薪で焼かれるのです。
b0218775_1131191.jpg

この写真は窯に火をくべている様子で、今回のDMにも使われています。

気の遠くなるような過程を経てつくられた石灰は均等に分配されるそうです。
町では安く石灰が売られてるそうですが、この石灰で染められた藍染は色が格別にいいらしく、村人達はこだわって 過酷な作業を続けているとのことでした。

さて、谷さんと「HPEの布で作った着物を着ていく」と約束していた私。
秋らしい色のを持っていてよかった。
b0218775_11172467.jpg


着物は力のある紬 帯ももちろん谷さんの布で、表と裏の両方使えるように作ってもらった「昼夜帯」です。
私の拙い写真では 布の魅力を充分に撮影できてなくて残念。

会場いくまでに「素敵なお着物ですね」って知らない方から声をかけられたんですよ!!
うれしい!!
力のある布のお陰ですね。

多くの人に谷さんの魅力ある布を見て欲しい!!この素晴らしい布が地上から無くならないように・・・


OUTBOUNDでの谷さんの展覧会は11月111日まで(5日はお休み)です。
[PR]

by gallery-izumi | 2013-11-01 11:38 | テキスタイル