森岡さんの個展 続き

森岡さんの器スタジオTRYでの展覧会 私が求めた物はコレ
b0218775_1041435.jpg

後姿
b0218775_10412792.jpg


もののけ姫にでてくる「ヤックル」だそうです。
私には、少しのろま 少しドジ 少し賢い 少し頑張りや 可愛いお尻 とってもいい奴 に見えますが、
皆さんはいかがでしょうか。

森岡さんは時々このような人形をつくられています。
個展に出品されるのはあまりないですが、今回は 陶製のユニコーンや犬? 磁器の狼2匹など6、7点出ていました。 みな面白い顔でしたよ。

TRYでの展覧会は9月30日までです。

次回関東エリアでは、さいたま市大宮 あるぴいの銀花ギャラリーで奥様の由利子さんと二人展が予定されています。
b0218775_10525734.jpg


今日は器スタジオTRYさんとあるぴいの銀花ギャラリーの部分で リンクできるように挑戦してみたのですが、うまくいってるかどうか全然自信ありません。
もしもうまくいってなければ 皆様 どうか それぞれの名前で検索されるか またはお勧めブログの森岡さんのHPでご覧くださいね。
と 編集終ってからためしにリンクできてるかどうか見てみたら・・・
やっぱりあかんかった。 悲しい。
すみません。いつまでもどこまでもパソコン苦手で・・・・・。
[PR]

# by gallery-izumi | 2012-09-24 10:58 | 陶器

森岡成好さんの陶展

いつも森岡さんの案内状は開催日直前に届く。森岡さんらしい。
展覧会の準備は大変なんだ。作品を作る以外の仕事が山ほどあって・・・

今回は「器スタジオTRY」さんでの個展
写真面 
b0218775_1859317.jpg

切手面 
b0218775_1913850.jpg

お忙しいのに書いてくださった「お元気ですか」が嬉しい。

という訳で初日に出かけた。

会場には森岡さんのご友人、ファンがいっぱい。昼から酒盛り状態。
これも森岡さんらしい。楽しい雰囲気満点だ。
それを丸ごとすっぽりと包み込むようなTRYのご主人。作り手とお客様、それを繫ぐギャラリーのとてもいい見本みたいな感じがした。
私もこんな風に展覧会出来てたかな・・・と今更ながらに反省した。

森岡さんの展覧会は
30日まで 24月と25火は休廊 器スタジオTRYで







 
[PR]

# by gallery-izumi | 2012-09-23 19:18 | 陶器

ご飯の茶碗

9月も半ばを過ぎたのに、いったいどうなってるの?と思うほど暑いです。
それにここ数日、東京ではドシャブリの通り雨が降ったりもしています。
雷もなったり・・・そうと思えば虹が出たり・・・。
とにかくおかしな気候ですね。

さてさて、空の景色模様のお茶碗を持っています。
b0218775_1120548.jpg

ゲジゲジみたいに見えるのは雷、左のは稲妻かな。
作者は宮岡麻衣子さん。古伊万里のような作風で「古い蔵から見つけてきました」というような感じがします。

一般的な磁器の器というと、私は、硬的で冷たいイメージを持っているのですが、宮岡さんのは釉薬が真っ白でない上、自然に垂れてて そのイメージを覆す作品が多いです。

私の知ってる宮岡さんの手は、冬はいつもしもやけで赤くなってたな・・・。
でも凄くガッツがある彼女。細い身体のどこにそんなにパワーが潜んでいるのかと思うくらいに頑張って作品を作っている方です。

またどこかで宮岡さんの新しい作品を拝見したいな・・・と思っています。
[PR]

# by gallery-izumi | 2012-09-18 11:39 | 陶器

ある時は・・・そしてまたある時は・・・

先日 我が家に仲良しお茶友が集まり、お楽しみお茶会をしました。

まだまだ暑かったけど、一番若手のkちゃんは着物姿で場を華やかにしてくれたし、
一番遠くから来てくださったAさんは、我が家まで2時間くらいかかったのでは・・・?
主客を押し付けてしまったHさん。快く引き受けて下さってありがとうございました。
お料理得意のNさんには、お茶会の後のおしゃべりタイムに「お料理教えて~」とリクエストが出て、「いつか一日講習会を・・」なんてことにまで話が膨らんでいきました。
実現したらいいなぁ。

そのお茶会で使った建水がコレ。
b0218775_236440.jpg

萬理の鉄彩の深鉢です。

で、本日の私のランチ、野菜たっぷりラーメンがコレ。
b0218775_2382993.jpg


そうです。先日の建水です。

この鉢は元々「具だくさんラーメンを食べる鉢」として作られたもので、たっーぷりと具を入れても深いから汁をこぼさないという代物です。
3年くらい前の個展で登場。色絵もありました(確かストライプ柄)。しかし萬理はその後もうこの形を作ってないと思います。何故かな?人気なかったのかしら?そういえば、ギャラリー泉でこれを買ってくださったのはお一人だけ。しかもスタッフだったTさん。

でも この鉢 このように ある時は建水 ある時はラーメン鉢、そしてまたある時はスティック野菜を入れたり、なんと花を生けたりも出来ると思うし そして今日フト気づいたんだけど、素敵な蓋を見つけてきたら水指にもなるではないか!!!
素晴らしい鉢なのでした。(完全に姉バカ)
[PR]

# by gallery-izumi | 2012-09-11 23:23 | 萬理

三番目のお仕覆 

夏休みも終わってしまいました。
8月14日に「宿題」しなくては!!!とブログであせってご紹介した お仕覆が完成しました。
b0218775_184492.jpg


ガラスの茶入用のお仕覆なので、綿を入れない分 行程が少なくて 思ったより早い完成です。
勿論、宿題も頑張ったけどね。(学生時代とは大違いだよん)

生地は先日ご紹介した通り インドサリーです。
実は、今までで一番(まだ3つ目ですが・・・)苦労しました。

今回はたまたま 縫い代に生地の耳が付いていました。
だから、底の丸い部分と縫い合わせていくと耳がつっぱって、何回もやり直しになってしまったのです。

結局 底付けは、先生に殆どやって頂きました。先生ありがとうございました。

こういう縫い物って、何回も何回も同じものを 色んな生地で縫うことで ちょっとした言葉では表せないコツを会得しなくては上手くならないものなんですよね~。

まだ三個目だものね。。。。ヘタクソはしょうがないよね。。。

でも完成してうれし~。
[PR]

# by gallery-izumi | 2012-09-02 18:19 | お茶

湿し灰つくり

昨日は特別に暑く感じた一日でした。
汗が日焼け止めクリームと一緒になって、目に入って痛い~。
でも泥だらけのゴム手袋をしているので、ぬぐえない。手袋の中も汗でグチョグチョ。

「暑いよ~。痛いよ~。グチョグチョで気持ち悪いよ~。」って、いったい私は何をしているのでしょう???

答えは「湿し灰つくり」です。
あああ・・・写真撮る余裕がなかったので、画像なしです。残念。

「湿し灰って何?」 と言う方の為に解説すると・・・

お茶を点てる時、炭を使って火をおこしますが、炭を置く炉には灰がしかれています。その灰の上に違った色(具体的には濡らした濃い色)の別の灰を撒くのです。その別の色の灰が湿し灰です。

何の為に撒くって? 風情が出るからだと思う。景色と言うか・・・
湿し灰がなくても炭はおこり、お湯は沸く訳だけど、そこはソレ、湿し灰がないと間が抜けるというか 寂しいというかツマランというか、とに角 なくてはならない物なのです。

作り方は、まず寒い季節に炉の中で使っていた灰を洗います。取りきれなかった消し炭を省いたり、灰のアクを抜いたりする為です。
その洗った灰を夏の日差しで乾かし、そこに番茶や丁子などの煮汁を混ぜて色をつけ、それをまたちょっとだけ乾かし、最後に網でこしてサラサラにします。
出来た湿し灰は乾燥しないように密封容器に入れて、寒い季節にずっと使います。

この作業をする度に思うことは「昔の人は凄い。」

乾かすために 私達は新聞紙の上に灰を敷いて水分を吸わせ 次々とその新聞紙を取り替える方法でやりました。
大方乾いたら色をつける作業の為にビニールシートに広げます。
出来た灰はプラスティック容器に入れたし・・・
使った道具の洗浄には ホースから水がどんどん出て来るし、ゴム手袋してるから手が荒れることもないし・・・。
そんな物がない昔 いったいどうやって この大変な作業をしていたのでしょう。
昔の人は本当に凄いわ。
あっても無くても火はおこせてお茶も入るのに・・・・・





 
[PR]

# by gallery-izumi | 2012-08-29 11:50 | お茶

マニスのワークパンツ

このパンツがないと困る。
b0218775_1146143.jpg

7、8年くらい前に買ったアトリエマニスのワークパンツ。
履きやすいのは当たり前。体形はごまかししてくれる。ラフにもちょっとおめかしにもいける。その他もろもろ とにかくこれがないと困るのだ。

だからいつの間にか素材違いや色違いで同じ形のワークパンツがこんなに・・・
b0218775_11545983.jpg


ギャラリー時代 マニスには展覧会して貰ったり、常設にも協力して貰ったり、本当にお世話になりました。ありがと~~。
蛇足ですが、店主の私がこんだけ愛していたので、ギャラリー泉で一番売れたマニスアイテムはこのワークパンツだったな~。

アトリエマニスは、今年 夏の始まりに京都に移転して、東京オフィスの要だったけろちゃんはマニスを卒業。それぞれ新しい道をスタートさせている様子です。

で、けろちゃんは早速この暑さにもめげず、何だか面白そうなことを企画してて、私もすっごく楽しみだよ。

という訳で お知らせ

けろ企画主催フリマ
8月23日(木)・24(金)・25(土)
於・間kosumi

詳しくは お勧めブログの「けろ企画」を見てね。

[PR]

# by gallery-izumi | 2012-08-22 12:19 | テキスタイル

宿題

オリンピックも終わってしまいました。気づくともう8月も半ばです。
昔から夏休みの宿題は8月後半にまとめて頑張る派の私は、
大人になってもやっぱり同じ。
お覆服教室の宿題に手をつけてませ~ん。

先生は優しいから宿題してなくてもしかったりされないけど、自分で「ここまでやってきます!」ってえらそうに宣言したしねぇ。頑張らなくっちゃ!!

ただ今挑戦中は・・・・

インドのサリーの布を使って
b0218775_17145317.jpg

江副行昭さん作のガラスの茶入
b0218775_17153048.jpg

これのお覆服を作ることです。

江副先生のガラスの茶入は母が心斎橋で画廊をしていた時に展覧会で求めたものです。
オレンジが鮮やかな夏らしい茶入ですが、長年お覆服もないままガラスケースに飾られていました。

日ごろから「工芸作品は眺めてるだけでなく、使ってこそ本当の美しさが発揮される」と思っています。だから、この茶入にもお覆服を着せてあげて「お点前の時に使いたい!!」と思います。

よーし!宿題がんばろう。
[PR]

# by gallery-izumi | 2012-08-14 17:32 | ガラス